MTGイニストラードデッキ 話題の白単ブリッツ


 イニストラードが実装されて赤緑狼男デッキ、青黒ゾンビデッキ、白緑トークンデッキ、赤青インソーデッキなどを作ったけど、プレイをやっていて相手の白単がとにかく早くて強い。
 ちょっと調べたらツイッターでも話題になっていて白単ブリッツと言うらしい。




 人によって細かい所を違うだろうけど大まかにこんな感じ。




 光写しを使った魔技デッキはハマれば3,4ターンで20点削りきるデッキだったけど、これはそれをさらに攻撃的にしたデッキ。
 素拳のデッキやクラリオンのスピリットを使った2回目スペル関連の白単アグロと魔技デッキを併せた感じ。




 イニストラードのコモンで登場したこれが魔技・2つ目のスペルと非常に相性がいい。
 とにかく横に並べつつカウンターを乗せつつ攻撃時に魔技でさらにパンプアップするから手が付けられない。自分で使うか相手すれば分かるけどよほど事故らない限り早い段階で致命的な盤面を作ってくる。




 魔技のからみでこれも相性がいい。相手に手掛かりというアーティファクトを与えてしまうが、悪意の熟達を2マナで撃ったときは即座に相手に1ドローなのに対して、手掛かりは2マナ使わないとドローできないため序盤で勝負を決めるこのデッキとしてはほぼデメリットにならない。




 3ターン目にこれを撃つか軽い除去をひたすら撃たないとどうにもならないと思う。このデッキの流行具合によってはBO1プレイでは弱者粉砕かドゥームスカール4積みが必須になるかもしれない。




 その場合このデッキはこれを入れる必要が出てくるかも? エンチャントのため魔技を誘発しないが1マナであるため2つ目スペルを誘発させやすくはある。

 野心家は4枚作っている人も結構いそうだし安息地は必須ではないから、新たに必要なレアは光写しと運命的不在のみで安く作れるのも大きい。
 今後相当見ることになるデッキだと思うので対策を考えた方がいいかも。


デッキ
19 冠雪の平地 (KHM) 277
2 不詳の安息地 (KHM) 255
4 農家の勇気 (MID) 24
4 堕ちたる者の案内者 (KHM) 35
4 素拳のモンク (AFR) 25
4 戦場の猛禽 (KHM) 3
4 掟綴りの僧侶 (KHM) 7
4 クラリオンのスピリット (KHM) 6
4 レオニンの光写し (STX) 20
4 光輝王の野心家 (ZNR) 24
4 導きの声 (STX) 19
3 運命的不在 (MID) 18

サイドボード
2 墨獣召喚学 (STX) 195
1 環境科学 (STX) 1
1 記憶留出法 (STX) 25
2 拡張解剖学 (STX) 2
1 殲滅学入門 (STX) 3